トレンド予兆分析システム 「トレンドスコープ」

 トレンドを生み出し続ける企業の変革を支える

トレンド予兆分析システム

 

 英国・米国ではすでに生活者ビッグデータを用いた製品開発イノベーションが普及段階に入ってきました。ソーシャルメディアの情報を製品開発に取り込むことで、新しいトレンドを生み出した説得力のある事例が出てきています。先進的な企業では、マーケティングのデジタルトランスフォーメーションの一つとしてソーシャルやオンラインの情報の活用に積極的でそれらの情報を新たな価値創造のための経営資源として捉えています。

 トレンドスコープは、こうした企業のためのトレンド予兆分析システムです。ソーシャル情報の収集・蓄積からアルゴリズムを活用した分析までを自動化していることが特徴で、企業内の商品開発・商品企画・マーケティング担当者等がソーシャルデータを直ぐに活用でき、その創造力をより強力にすることで収益を向上させることを実現します。

 トレンドスコープとは

Trendscope(トレンドスコープ)は、英国のデータサイエンス企業”BlackSwan社”が開発したトレンド予兆システムです。

AI・機械学習を活用することでソーシャルデータをカテゴリー毎に整理・分類することで情報間の関係性をモデリングしキーワード毎の注目度を可視化できることが特徴です。分析結果を商品開発やマーケティングに活用することで、企業内の商品開発・商品企画・マーケティング担当者等が、これからのトレンドをタイムリーに捕捉することを強力に支援します。

トレンドスコープは、Twitter全量データをはじめとする膨大なソーシャルデータを元に、独自の機会学習技術でその情報を整理・可視化し、独自指標であるTPVスコア(トレンドの注目度)を算出します。

 

 

 モデル構築イメージ

 

 トレンドスコープの分析画面

 ご契約頂いた企業には、トレンドスコープがSaaSで提供されます。提供される分析画面の見方は以下の通りです。

 

グラフの縦軸は、TPVスコアと呼ばれるトレンドスコープが独自に算出したトレンドの注目度を示しています。グラフの横軸はトレンドの成熟度を6段階(黎明、出現、成長、成熟、下降、衰退)のフェーズで示しています。各トレンドのキーワードが黄色いドットとして表現されるのが特徴です。

各キーワード毎に、レポートが自動生成され、注目度ランキング、トレンドのレベル、話題量の推移、6ヶ月後のトレンド予測、ポジネガ比率、デモグラ、関連キーワード、投稿サンプル等が記載されていますので社内で議論する際のエビデンスとしてもご活用頂けます。

トレンドスコープ分析画面

 

トレンドスコープで、ユーザーが分析レポートを作成する

急速に変化する市場を理解するために、社内のデータサイエンティストやリサーチ担当者の方がトレンドスコープのデータを活用して社内向けに調査レポートを作成するケースが増えています。飲料、スキンケア、スナッキングのサンプルレポートがご覧いただけますので、ご興味がある方は以下から ダウンロード をお願いします

 

飲料のレポートは、こちら

スキンケアのレポートは、こちら

スナッキングのレポートは、こちら

 

トレンドスコープレポート

 

 

 

このような課題をTrendscopeで解決しませんか?

【1】商品開発担当者の課題

企業が継続的に成長していくためには、生活者にとって魅力のある商品の開発を行っていく必要があります。そのためには、世の中の変化に気づき、新しい側面を見つけ出すこと。新しい価値観を作り出し、なぜこの商品が今生活者にとって必要なのかを仮説検証し続けることが重要です。

 

専門家の知見とTrendscopeを組み合わせることで生活者のための魅力ある商品を生み出す力を高めます。

 

【2】商品企画担当者の課題

マーケティングの業務は市場調査から宣伝活動に至るまで多岐に渡っています。海外視察を行ったり、国内の流行スポットを定期的に訪問し、仮説の観察を行うケースもあります。支持されるブランド作りにおいて、市場環境の変化や、潜在化された消費者のニーズに先駆けて気づくことが重要です。

 

 Trendscopeで、海外トレンドと国内トレンドのGAPを発見、新たなトレンドを読む力を高めます。

【3】D2C商品企画担当者の課題

従来の小売店を経由した販売から、自ら企画・生産した商品を広告代理店や小売店を挟まずに届ける社内D2Cブランドを立ち上げる場合、生活者の悩みを解決するための商品訴求が必要です。新しいという価値だけではない、差別化のポイントを常に考えることが重要です。

 

D2CブランドのビジョンとTrendscopeを組み合わせ、生活者が求める商品企画力を高めます。

【4】DX担当者の課題

DX担当者は、データドリブンで、販売チャネル毎に売れる商品ラインナップ揃え、需要予測技術で在庫リスクを抑える支援等が求められます。より精度の高い予測をするためには、ID-POSやECサイト等の検索履歴データを活用した分析に加えて、「データによる俯瞰的な視点」+トレンドを読む力が重要です。

 

Trendscopeで、上昇トレンド時はその関連商品を揃える、下降トレンド時は商品価格を下げて売り切るといったリスクマネジメントの力を高めます。 

 

 

 トレンドスコープが選ばれる3つの理由

 

1「すぐに使うことができ、企業がデータ収集やデータ学習を独自に実施する必要がない」

トレンドスコープは、TPVスコア等を算出するアルゴリズムと学習済のデータセットがセットでユーザーに提供されます。

その為、自社データサイエンティストによるデータ収集・要件確認・システム構築やデータの学習等が必要ありません。

ITの専門家ではないユーザーでもトレンドスコープを使いこなすことができ、大幅な業務効率化を実現します。

 

2「立案した仮説の観察・モニタリングの手間を圧倒的に効率化できる」

トレンドスコープは、ベネフィット・テーマ・製品・素材・ブランドといった分析の切り口が予め用意されています。

毎月自動的にデータがアップデートされていくため、立案した仮説の推移をモニタリングしやすくなります。

トレンドスコープで、ソーシャル上での仮説の観察を行うことで、新たなビジネスの種を発見しやすくなります。

 

3「販売実績とソーシャル上の評判のGAPを素早く把握でき、原因探索がしやすくなる」

トレンドスコープは、キーワード毎に6か月後先の成長を予測します。

ソーシャル上での評価は高いが、実際の販売実績に繋がってこない場合、どのような原因が考えられるのか?

ソーシャル上の評価から、生活者が求める内容とのGAPも見つけやすくなり、マーケティング施策の改善がしやすくなります。

 

 

 

 

 

UP

 

 ケーススタディ

 -

流行の兆しを捉えて「この素材が来る」ということが早い段階でわかる

 

欧米での商品開発の一例です。「ターメリック」という素材があります。いわゆるウコンのことで、これが肝臓にいいという認知は日本でも定着しています。しかし海外ではそればかりでなく、抗炎症作用があったり、免疫力を高める作用があるものとして知られていることを分析によって補足できました。

つまり、ターメリックは「健康」というテーマに関連する幅広い文脈で認知されていることがわかったのです。

ターメリックを素材としてプロダクトに取り入れ、現在では「ターメリックティー」、「ターメリックラテ」、「ターメリックショット」といった商品が実現してます。Trendscope(Trendscope)は、その動きを「兆し」の時点で把握していました。

 

ターメリック

 

 

 常にフレッシュな情報で分析を提供します
より現場のマーケターの肌感や期待感に近いツールです

 

仮想世論が導く予測で、革新的なコンセプトを創出しメガトレンドを牽引

 

英BlackSwan社のユーザーであるユニリーバのリプトンブランドは、紅茶が市場の中で成熟しており、更に企業が成長するためにはどのような戦略が必要か検討していました。そのためには、革新的で個性がある紅茶の新商品の開発をし、定番商品以外の商品を活性化することが必要と考えていました。

これを達成するため、ソーシャルメディアから3600万件の高品質のお茶の会話を取り込み、全ての短期的なトレンドと持続可能なトレンドを特定しました。そして、そこから予測される成長の可能性によってトレンド予測値(TPV)でランク付けを行いました。その分析結果から、消費者の「健康」への需要の高まりを見出すことができました。中でも「抹茶(MATCHA)」はソーシャルで呟かれている内容を分析すると、今までの抹茶に対する「エキゾチック」「オリエンタル」なイメージから、「健康」と「ウェルネス」に関して、抹茶が持つ多くの効能に魅力を感じていることが分かりました。

「お茶を飲むことで健康になる」素材とプロダクトの新しい組み合わせとコンセプトが産まれ、「抹茶(MATCHA)」は海外で大ブームとなりました。

リプトンブランドは市場に新しい紅茶の飲用スタイルと価値観を提案することで、新しい消費を産み出すことに成功しました。新しいニーズを産み出すことに成功した背景には、消費者​意識の変化により「健康志向」というメガトレンドを先行して捉えることができたことにあります。

 

 

megatrend

 

 変化する社会環境の中で、より予測が難しい時代

大量のSNSデータを俯瞰的に分析・解析すると、見えないものが見えてきます

トレンドを掴み、「先回り」の発想ができるツールです

 

商品開発スピードを加速 商品の企画から発売(プロダクト)まで12カ月が6カ月で実現

 

通常商品企画からプロダクトまでのプロセスに約12カ月ほどかかっていた業界の一例です。今まで市場調査や社内のコンセンサスを取るために多くの時間が割かれていましたが、市場のニーズ情報収集から素材選定までに必要な一連の情報分析をトレンドスコープで一貫して行い、6か月でプロダクト化に成功しました。エビデンスデータとしてトレンドスコープのレポートを活用したことで社内の説得が早く迅速な商品開発が実現したのです。

開発リードタイムの大幅な短縮で、顧客のニーズに迅速により迅速に対応でき、同時に開発コストの削減にもなりました。

 

 時間とコストの削減

 

 

エビデンスが必要な時、客観的なデータとして活用することができます

企画・開発の判断をスピード化できるツールです

 

Trendscopeのより詳しい事例を知りたい方はこちらから

 

 

提供カテゴリーと三井情報の役割について

 

MKIは、BlackSwan社Trendscope(トレンドスコープ)の国内総販売代理店兼カテゴリー開発パートナーとして、日本市場向けのデータセット開発に取り組んでいます。弊社データサイエンティストがBlackSwan社のデータサイエンティストと共創しながら、Twitterの全世界データや各国のニュースサイト、ブログ等の媒体から収集したデータを解析し、消費者の潜在的なトレンドを分析する活動を実施することで商品開発・商品企画・マーケティング担当者を支えるマーケティングDXの支援を行っています。

※略称  BR : ブラジル   FR : フランス   MX : メキシコ  RU : ロシア   TR :トルコ UK : イギリス   US : アメリカ  CA : カナダ

 

サービス利用料について

 

お問合せください

※1市場1カテゴリーからご利用頂けます。 

※ユーザー数は、登録ユーザー単位となります。標準プランでは150ユーザーまでご利用可能です。

※ご契約は年間契約(最低利用期間12か月)となります。

※詳細な内容・お見積については、”こちら” からお問い合わせください。

 

導入後も安心のサポートメニュー

 

・基礎コース(トレンドスコープの概要理解、基本操作の習得)

・応用コース(情報探索方法の習得、情報の整理方法の習得)

・ワークショップ支援(チーム単位でのトレンドスコープ利用研修)

 

等充実のサポートをご用意しております。

デモの実施・体験なども可能です。お気軽にご連絡ください。

サポート

 

よくある質問

 

1、導入サポートメニューはありますか?

操作説明会の開催やトレンドスコープを活用したコンセプトワークショップの支援等の実績が御座います。データの活用人材を増やしていくための活用定着についてもご提案させていただきます。

 

2、ソーシャルリスニングのツールはたくさんあると思いますが、こうしたツールとの違いはありますか?

トレンド洞察する場合、ID-PoS等で購買行動を把握する場合や、SNSやHPの閲覧履歴や検索履歴等で検索行動を把握して検討するケースがあると思います。既存のツールは、これら現在の洞察を得意とすると弊社では考えています。トレンドスコープは、発言や記事の内容から予兆行動を発見できることが特徴で、近未来的な洞察を行えることが違いになると考えています。

 

3、費用対効果についておしえてください。

費用対効果については企業により考え方がことなると思いますが、Twitterの全量データを購入して、自社のデータサイエンティストでアルゴリズムを開発、開発したアルゴリズムをメンテナンスしていく費用と比較頂くケースも御座います。

 

4、トレンドスコープのデータを外部連携することはできますか?

外部連携のAPIはご用意がありません。

 

5、複数カテゴリーを購入した場合の割引はありますか?

ございます。詳細は弊社営業担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

担当部門:

DX営業本部 

バイオヘルスケア営業部 DX・事業開発チーム

 

ページTOP

当ウェブサイトでは、サイトの利便性やサービスを改善するため、Cookieを使用しております。このまま当ウェブサイトをご利用になる場合、Cookieを使用することにご同意いただいたものとさせていただきます。Cookieに関する情報や設定については「個人情報保護方針」をご覧ください。

同意して閉じる