×

決算書等顧客情報 入力システム群

財務・決算書から事業内容などの顧客情報まで長年のノウハウを活かしたバリエーション

顧客情報の質と種類の保有を高度化し、信用度の把握のほか提案・改善に役だてる”事業性評価”の時代になりました。
当社は長年のノウハウを活かし、財務などの顧客情報のデータ処理をご支援しています。

決算書や顧客情報の入力効率化 R-300T

  • 事業性評価には、財務内容の把握とともに顧客情報の保有による事業面の把握が必要となります。
  • R-300Tは、BS・PLだけでなく変動計算書、販売費・一般管理費、製造原価などの拡張的財務情報をイメージデータとして保管します。このため、事業内容や商品パンフレットも顧客情報として収容可能となります。
  • 財務データなどの文字データへの変換は、OCR入力システムと連携します。

さまざまな決算書に対応 OCR決算書入力システム

  • 法人企業の決算書を、活字OCRで読取り、勘定科目に自動的・且つ適切に紐付けを行うことにより、効率良く且つ正確に入力できます。
  • 特に金融機関における財務分析や格付・スコアリング、自己査定には、迅速で正確な財務データの入力が必須です。1995年発売以来、多くの金融機関に評価を頂き、約110ユーザ様への導入実績を誇っています。 

個人事業主 青色白色決算書 OCR機能

  • 個人事業主決算書(青色・白色)をOCRを使ってデータ入力します。入力時期が集中してしまう財務データ入力には欠かせないツールです。
  • 入力データの様式
    会社情報、一般所得用決算書、農業所得用決算書、不動産所得用決算書、申告書B

外部財務データ取込み機能

  • 上場企業の単体・連結財務データ(EDINETに提出される財務諸表)を取込むシステムです。
  • 野村総合研究所から提供されるEDINETから取得した公表上場企業の単体・連結財務データをOCR決算書入力システムに取り込みます。財務データ連携では、別途野村総合研究所とお客様とで提供サービスをご契約頂く必要があります。 
  • 財務データ提供手段やデータ件数は、お客様の環境に応じて対応できます。

決算書や顧客情報の入力効率化 R-300T

基本機能

営業店で読み取った決算書イメージデータ(TIFFファイル)を、文字認識処理するシステムです。

  1. 営業店のスキャナーで読み取った決算書のイメージ・データ(TIFFファイル)を、本部でOCR解析処理します。
  2. R-300T(Reading-300Dpi・TIFF)システムはOCR決算書入力システムと連携し財務分析システムCASTERへより迅速でタイムリーな財務データ入力を可能にします。

連結決算対応 (オプション)

連結財務データの入力機能はオプションとなります。

さまざまな決算書に対応 OCR決算書入力システム

基本機能

OCR決算書入力システムは、取引先財務諸表を東芝製・活字OCR(日本語テキストリーダ)で読取り、勘定科目を自動的に組替えることにより、財務分析CASTER入力データを効率良く作成するシステムです。

  1. 読取り対象は、手書き決算書を除く、「貸借対照表」「損益計算書」「利益処分計算書」「販管費明細」「製造原価明細」です。
    読取り対象外の帳票の入力は、本システムで提供するPC入力機能にて行います。
  2. 誤読や科目辞書未登録で自動紐付け不能な場合は、操作担当者が紐付けを指定します。
    ただし、翌期は紐付けの取引先別の学習機能により自動処理し、財務情報の品質向上と操作担当者の負担を軽減します。
  3. PC入力機能のみの提供も可能です。 

連結決算対応

連結財務データの入力機能は基本機能に含まれております。

個人事業主 青色白色決算書 OCR機能

OCRを使用することで法人決算書と同様な効率的・正確な財務データ入力を可能にします。

  1. 入力された財務データは管理システムにて保有し、財務分析CASTERへ連係します。
  2. 入力様式は、会社情報、一般所得用決算書、農業所得用決算書、不動産所得用決算書、申告書Bに対応しています。

外部財務データ取込み機能

基本機能

EDINETを介して、上場企業の決算書データ(単体・連結)をCASTERに連携するシステムです。

  1. 科目への紐付けは、外部にて行うため、お客様の環境での作業は原則、不要となります。
    上場企業の財務データをファイルとして取り込みます。OCR文字解析により勘定科目・金額の誤読は発生しません。
  2. お客様へ提供する財務データは、CASTER科目情報が付与されます。
  3. お客様の補正作業はありませんが、お客様で設定している脚注項目の入力が必要となります。
  4. サービス導入にあたっては、EDINETデータ元である野村総合研究所とお客様とで提供サービスをご契約頂く必要があります。 財務データ提供手段やデータ件数は、お客様の環境に応じて対応できます。
     

連結決算対応 (オプション)

連結財務データの入力機能はオプションとなります。

決算書や顧客情報の入力効率化 R-300T

R-300Tは、BS・PLだけでなく変動計算書、販売費・一般管理費、製造原価などの拡張的財務情報をイメージデータとして保管します。このため、事業内容や商品パンフレットも顧客情報として収容可能となります。

  1. 顧客情報の充実・事業性評価への活用
    財務だけでなく、商品パンフレットや会社情報あるいは新聞記事など事業性評価の疎明資料の保管に活用できます。
  2.  顧客サービスの向上
    営業店から決算書送付・財務データ入力部門受付けが即日で対応できるため、迅速な審査態勢の構築に寄与します。
  3.  現物送付の負担軽減と情報紛失防止
    決算書の集中部署への現物の送付がなくなるため、送付中に紛失する等のリスク軽減に繋がります。
  4.  本部操作の効率化
    紙を出力することなく、データ補正作業ができまので、コストダウンに繋がります。
    一度のスキャンで複数必要なシステムへ同時にイメージを配信することができるので、再スキャンを繰り返す無駄が発生しません。
    ※R-300Tシステムでの文字解析は、現行運用中のスキャナーでの読込み・文字認識と文字解析率は同水準です。導入により、誤読が多くなることはありません。

さまざまな決算書に対応 OCR決算書入力システム

長年の実績の入力システムは、運用ノウハウとサポート態勢で安心運用を実現します。
格付や分析には、より適切な勘定科目の紐付けが必要となります。当社製品は、より正確で効率的な学習機能など財務処理に関わる長年のノウハウやを活かした製品となっています。

  1. データ入力の効率化
  2. 入力コストの削減
  3. 自動化による属人性の排除(データ品質の向上)
  4. これらの仕組みと運用サポートによる分析精度の向上

個人事業主 青色白色決算書 OCR機能

財務分析システムCASTERにジャスト・フィット、一般事業者向けOCRを補完します。

  1. 時間短縮
    科目や金額を入力せずにイメージデータから変換します。科目は決算年度に合わせてフォーマットを適応させるのでほぼ修正はありません。受付からデータ入力までの時間短縮に繋がります。
  2. 正確性向上
    打鍵入力の場合のような科目への誤入力がなくなります。入力項目の段がズレても気づかずに入力完了・・・ということにはなりません。
  3. 入力操作が簡便
    データ補正画面は国税庁で発表された科目を表示するため決算書と同じ項目が画面に表示されます。入力担当者の誤入力や判定作業、金額の加減算をする必要もありません。
     

外部財務データ取込み機能

上場企業の単体・連結財務データは、財務データ取得の正確性と入力負担削減に寄与します。また、会計制度の変更に即時対応されます。

  1. 財務データ取得の効率化
    国際会計基準に準じた決算書での日本会計基準に適応した財務データ登録は大変手間がかかりますが、この負担なしで財務データ入力を行うことができます。1決算期入力するのに最低30分かかっていた連結決算書財務データ入力が、2~3分で完了できると評価を頂いています。
  2. 国際会計基準への対応
    国際会計基準適応の連結財務データが増えています。 国際会計基準の連結財務諸表をCASTERへ集約できるように組替えします。
  3. 疎明性
    決算書に計上される勘定科目とCASTER集約科目との突合テーブルは本システムご契約のお客様へ開示致します。
    財務データ提供手段やデータ件数は、お客様の環境に応じて対応できます。

お問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 電話番号:03-6376-1114