SAP S/4HANA構想策定支援サービス

お客様に合ったS/4HANA移行の最適解を導く

2025年にSAP ERP6.0は保守サポートが終了し、 S/4HANAへの移行が必要です。システム環境やシステム課題により移行方法や期間は異なりますが、早期の検討開始をお奨めします。

三井情報は、SAP基幹システムにおけるバージョンアップ、Unicode対応、HANA対応、S/4HANA対応等のプロジェクト経験と、S/4HANA先行検証のノウハウを活かし、お客様と一緒にお客様に合ったS/4HANA移行の最適解を導き出します。

S/4HANA移行のアプローチ

SAP S/4HANA移行には、2通りのアプローチがあります。

  • システムコンバージョン方式は、既存アドオン資産を最大限活用でき、短期間・低コストで移行する方式です。移行後に段階的な機能拡張を図ることで、S/4HANAのメリットを早期に享受できます。
  • 新規構築方式は、業務改善を前提にS/4HANA標準機能・新機能を有効活用して、業務プロセスの見直しを図る方式です。これまでの既存アドオン資産を棄てて、システム運用負荷を軽減します。

 

サービスの進め方とアウトプット

 このサービスでは、3つのフェーズに分けて、S/4HANA移行のアセスメントからシステム化構想策定、 実行計画策定に至る意思決定サービスを提供します。

 

 

お問い合わせ

ページTOP