MKI PoC環境提供サービス for SAP S/4HANA

最新情報

2025年のSAP ERP6.0の保守サポート終了に伴い、既存SAPユーザー様は最終にS/4HANAへ移行が必要になります。お客様の利用状況により、移行の方法や課題、準備作業等は様々です。
MKIでは、『SAP S/4HANA簡易アセスメント』サービスに続き、『MKI PoC環境提供サービス for SAP S/4HANA』をご提供致します。
移行に向けお客様をご支援する多様なソリューションをご提供します。

提供サービスの概要

項目 内容
提供基盤 ソフトウェア:S/4HANA 1610バージョン  (1709バージョンは近日リリース)OS:Red Hat Enterprise Linux 7.2DB:SAP HANA 1.0 SPS12プラットフォーム:AWS 日本リージョン APサーバ(1台)DBサーバ(1台)
※AWS接続形態:インターネット経由リモートアクセス接続またはLAN間VPN接続
契約期間 3ヶ月~
以降、月単位で延長更新可(1ヶ月前通知)
費       用 (最大6ヶ月まで)個別御見積

※AWSへ接続するための利用者側のネットワーク環境(インターネット回線、VPN機器)はサービスに含まれません。

特長

MKIのノウハウ/マネジメント力とVelocity社(米国)が提供するマネージドサービス基盤の自動化技術を融合し、短期間/低コストで質の高いPOC環境基盤をご提供致します。

 

 

サービス名 内容
PoC環境構築 ・AWS環境構築(VPC構築/EC2インスタンス手配)
・DB(SAP HANA)インストール
・SAP S/4HANA インストール
・AWSへの接続環境構築
BASIS管理 ・OS/DB/SAPインスタンス再起動
・SAP Note適用(貴社ご要望に応じて不具合対応のみ標準で対応)
・SAP クライアントコピー(月2回のみ標準で対応)
・SAPプロファイル設定変更(貴社ご要望に応じて標準で対応)
・OSおよびDBリストア(追加費用)
バックアップ ・取得対象:APサーバイメージ(AMI)、データベースデータ
・取得頻度:1日1回
・データ保持期間:3日間
問合せ/依頼受付窓口 ・受付方法:メール、電話
・受付時間:メール(24時間365日)、電話:平日9:30-17:00
・問合せ応答時間:平日9:30-17:00

基盤構成

利用者は、選択した接続方式により、各PCのSAPGUIまたはWEBからPoC環境にアクセスが可能です。
弊社はサービス管理基盤よりPoC環境にアクセスし、運用、メンテナンス作業を実施致します。
LAN間VPN接続をご利用の場合、接続ポリシーなどは協議の上、設定致します。

 

 

お問い合わせ

ページTOP