SAP S/4HANAロードマップ策定支援サービス

三井情報のノウハウをフル活用し、お客様に合わせたロードマップを策定

2025年のSAP ERP6.0の保守サポート終了に伴い、最終的にSAP S/4HANAの移行が必要になります。しかしながら、お客様のSAPのシステム環境や課題によって、移行の方法やタイミングも異なります。
三井情報は、SAP基幹システムにおけるバージョンアップ、Unicode対応、HANA化等のプロジェクト経験と、SAP S/4HANA先行検証のノウハウを活用し、お客様に合わせたロードマップ策定支援サービスを提供します。

 

 

サービス内容と特徴

最適な移行ステップ定義、PJスケジュール策定、コスト試算を実現

このサービスでは、SAP S/4HANA移行プロジェクトの開始および終了時期を明確にし、最適な移行ステップの定義、プロジェクトスケジュールの策定、コスト試算を行い、ロードマップを策定します。
移行の費用対効果を定性、定量面で試算することで、お客様の移行実施の意思決定を支援します。

 

 

SAP ERPの導入、SAP S/4HANA等の最新技術への取り組み実績

三井情報は、グローバルにビジネスを展開している企業向けに、システム企画から運用保守までの業務、SAP ERP新規導入、バージョンアップ、HANA化およびグローバルロールアウトなど、長年にわたるSAPプロジェクトの実績があります。これらのプロジェクトは内外で評価され、いくつものSAP AWARDを受賞しています。
また、SAP ERP6.0からHANAへのマイグレーション、SAP S/4HANA検証など最先端の技術にも積極的に取り組んでいます。これらの経験で培ったノウハウがこのサービスには活かされており、SAPユーザー企業の課題解決を支援しています。

ロードマップ策定支援サービスの進め方

3つのフェーズに分けて、ロードマップ策定支援サービスを提供します。

※S4/HANAの影響分析にはPanaya CloudQuality Suite™ を活用します。

 

 

 

 

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

ページTOP

当ウェブサイトでは、サイトの利便性やサービスを改善するため、Cookieを使用しております。このまま当ウェブサイトをご利用になる場合、Cookieを使用することにご同意いただいたものとさせていただきます。Cookieに関する情報や設定については「個人情報保護方針」をご覧ください。

同意して閉じる