事業先向け財務診断

活用のスタイルにあわせて、2つのエディションを用意

  1. 既存融資先や未融資先※への経営支援ツール、コミュニケーションツールとして活用いただけます。
    ※未融資先につきましても、既存融資先と同様に財務情報の入力が必要となります。
  2. お客様(事業先)自身が現状の改善や今後の事業展開の判断として活用できるスタイル。
    もうひとつは、お客様とコミュニケーションする会話スタイルのエディションです。
  3. どちらも当社の分析の知見と金融機関様の知見を活かし、共同開発したツールです。

融資先向け財務診断システム・小さなB/Sエディション

お客様の課題認識と気づきを支援

  1. お客様ご自身が現状把握することを想定したエディションです。
  2. 重要なポイントにフォーカスして経営状況を鳥瞰できる様式となっています。

小さなエディションで大きな森を観る

  1. 小さなエディションですが、大きな森を観るという財務分析の基本を網羅しております。
    これにより、お客様の戦略構築に向けた気付きと方向性の意思決定を支援します。
  2. 渉外・融資担当の経営状態の把握ツールとしても活用できる内容となっております。
地域創生、育成支援ツール

融資先向け財務診断システム・標準エディション

会話型のエディション

  1. 小さなエディションと比較し、財務分析の基本知識※を要します。
    ※分析手法は、CASTER財務分析をベースとなります。
  2. 分析情報の提供とともに会話するスタイルのエディションです。
  3. 事業先支援の前提となる”改善点や経営の方向性”などを事業先と共有できます。
企業分析支援 事業計画作成支援

柔軟な様式の活用

  1. 金融機関の取組姿勢の周知などにも活用できるメッセージに高いエディションです。
    金融商品やサービスのご案内としても活用できます。
  2. 表題名などのデザインは、金融機関別に調整・カスタマイズして運用します。
            

事業先向け財務診断に関するお問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 電話番号:03-6376-1114

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
2018/2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ