MKIはニューヨークとシリコンバレーに加え、2011年秋にはシアトル、ロンドン、シンガポールに新たな海外拠点を設置し、世界3カ国5都市の拠点によるグローバルネットワークを構築しました。
ニューヨークとシリコンバレーの拠点は、1987年に設立された海外拠点で、これまでは主に米国三井物産のサポートに重点を置いて活動してきました。新たにシアトルが加わって米国3拠点体制となった現在は、数多くのグローバルICT企業やICT研究機関が本拠地を構える3つの都市でさまざまな企業・研究機関との連携を強め、最新技術情報やICT動向の把握に努めています。
ロンドンの拠点は英国だけでなく、欧州全体をカバーする拠点です。欧州各国のグローバルICT企業と密接な関係を築いて最新技術を吸収するとともに、効率的な情報システム部門業務の運営を支えるグローバル・スタンダードの確立に取り組んでいます。
シンガポールの拠点は、他の4拠点が最新技術情報やICT動向を把握するための拠点であるのに対し、MKIが欧米で得たナレッジやノウハウを活用してグローバル規模でビジネスを展開するための海外拠点として設立されました。この拠点をコントロールタワーとして、東南アジア・東アジア圏におけるICTビジネスの拡大を図っています。