志望理由
ICT業界を志望したのは、ITコンサルタントへの需要が高まっていると知ったのがきっかけです。その後、お客様に直接ソリューションを提案できる営業・SEに魅力を感じ、商社系のICT企業のなかでも親会社との繋がりに甘んじることなく、自主独立の気概にあふれたMKIへの入社を決めました。
大学時代に熱中したこと
野球サークルと並行してフットサルのチームに所属していました。野球はファーストとして、フットサルはゴールキーパーとして活動しながら、コンビニとお好み焼き屋でのアルバイトにも励んでいました。
やりがいを実感しながら最新のサービスを提案する

すべての業界・企業向けにIT基盤関連ソリューションを提供する部門の営業担当として、スマートデバイスとクラウドサービスの提案を行っています。モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションの主担当を務めているほか、MKIクラウドも担当しています。MDMとクラウドはどちらも新しいトレンドのサービスで、特にMDMに関しては主担当を任せていただいているので、日々大きなやりがいと責任を感じています。
MKIのMDMは、マルチOS対応のソリューションです。ただし、OSが異なるスマートフォンやタブレットで社内システムに接続する場合などは、特別な設定が必要になるケースもあります。お客様のご要望にお応えするため、技術を勉強しながら丁寧に提案を行った結果、お客様から「この案件はMKIさんにお任せします」とご依頼いただいた時は、営業担当としての達成感と同時に、お客様との信頼関係の大切さを実感しました。

お客様の立場で親身になって課題解決を支援する

MKIの強みは、お客様の多様なご要望に1社で対応できるワンストップソリューション力に加え、人を大切にしている点だと思います。若手社員には、所属部門だけでなく、仕事で関わる多くの先輩方が積極的に声をかけてくれます。さまざまな場面で的確なアドバイスをいただき、営業のノウハウやスキルはもちろん、技術的な知識など、多くのことを学ぶことができました。
人を大切にする企業風土は、社内だけでなく、お客様への対応にも表れていると思います。常にお客様の立場になって考え、課題解決を提供する誠実な姿勢がMKIの企業価値の向上につながっているのだと思います。特に私の担当では、最新のサービスをどう活用すべきか迷われているお客様もいらっしゃいます。実現が難しいご要望でも前向きに取り組み、お客様にとって最善のソリューションを提案することで信頼を得られますし、難しい仕事に挑戦してこそ自分も成長できると考えています。

今後の目標は、担当しているMDMという商材に関して、1事業としての視点から見たマネジメントまで自分で行うことです。MDMに関しては、すでに多くの仕事を自分の判断で進めていますが、重要な局面では先輩方にフォローしていただいています。お客様への対応だけでなく、担当する商品の短期・中期的な販売計画の策定、案件全体の管理、新規サービスの立ち上げ、ベンダーとの折衝など、身につけるべきスキルはまだたくさんあります。もう一つの課題が、幅広い技術知識の習得と英語力の強化です。特に英語は海外企業の商品を担当している関係上、マニュアルやメールでのやりとりがすべて英文なので、日々勉強に励んでいるところです。

※内容は、取材当時のものです。