×

社長挨拶

 わたしたち三井情報グループは、お客様と共に新たなビジネスと価値を創出してまいります。

 近年、ITを取り巻く環境は大きく変化しています。ここ数年は製品・サービスの供給起点から需要起点の最終消費者中心のマーケティング論が台頭し、マルチクラウド・SDxに代表される先進基盤技術の普及、ビッグデータを瞬時に処理可能とする飛躍的な計算能力の向上、そしてAIによる分析技術革新などにより、前線事業部門にて最終消費者としっかりと繋がることで事業を創造・拡大していく形のICT利活用が「デジタルトランスフォーメーション」として世の中で脚光を浴びています。

 こうした市場やお客様のニーズを捉え、環境の変化にすばやく、また柔軟に対応し、お客様と共に新たなビジネスと価値を創造するためには、アプリケーションから基盤まで網羅している総合的なICT技術力が不可欠であると考えます。

 三井情報グループは、設立以来、7社7つの専門ICT技術を結集し、常に先進的なパートナーと共に最先端の技術を取り入れながらICT総合技術力の向上に取り組んでいます。このICT総合技術力を駆使し、基幹システム(SoR = Systems of Record)とお客様の事業部門が最終消費者と繋がるシステム(SoE = Systems of Engagement)、そしてそれらを支えるインフラ基盤と、すべての面からお客様の業務効率化・価値創造を支援してまいりました。 

 最先端ICT総合技術力に加え、これまでお客様を支援してきた経験と知見は、三井情報グループがこれまで培ってきた「KNOWLEDGE」です。

 この「KNOWLEDGE」を積極的に活かし、お客様への価値提供だけでなく、お客様と共に新たなビジネス創出に挑戦するパートナーとして信頼され、期待され続ける企業を目指してまいります。 

 

 代表取締役社長 小日山 功