AssetWatch

次世代型回転機器故障予兆検知ソリューション

-AssetWatch-

AssetWatchとは?

 

 



AssetWatchは、低コストで導入可能な次世代型センサーを利用した「原因分析+対処提案」を提供するサービスです。
毎データ収集における振動のFFT処理と機械学習により、早期段階で回転機器故障の予兆検知を行います。
更にそのデータを基に、振動診断の国際資格をもつ専門家が正確な原因診断と対処方法の策定までをリモートでサポートいたします。
AssetWatchのソリューションは、お客様の設備稼働に革新的変化をもたらすものと確信いたします。

ソリューションに関するお問合せは、下記「お問合せ」よりご連絡ください。

AssetWatchを導入するメリット

 

✔ 監視業務からの解放

✔ 突発的な機器停止防止

✔ 生産計画の調整、交換部品の調達・工事施工者の確保を可能にする時間的余裕

✔ オーバーメンテナンスや必要対処欠落のリスクを最小化=保守保全の業務・コストの最適化

 

回転機器の予兆検知は、多くの産業にとって重要な問題と言えます。
特に、製造設備の老朽化に伴い、経年劣化した設備の安定稼働が最重要課題になっている分野においてはなおさらです。
急な設備停止は、生産計画や安全性への影響のみならず、原料の無駄、再稼働時の損失など多くの損害を生みだします。
また、予兆検知を行っても停止発生までの時間的余裕がなければ、生産計画の調整、設備部品の調達、補修計画が難しいため損失に繋がります。
これらの課題を解決してくれるのが「AssetWatch」です。

AssetWatchの特長

 

01 これまでのシステムにはない程、早期の段階で予兆を検出

お客様の既存設備に無線のIoTセンサーを設置し、周期的に3次元振動生データと温度データを収集します。
収集したデータは
クラウドシステムに送信し、まず振動データの周波数解析つまりFFTを行います。
データ収集毎に、3次元周波数解析を行うため発生する情報
は膨大なものになりますが、
各周波数域の増減傾向など含む多くのデータを用いた機械学習によって機器毎のリスク判定を行います。

 

02 具体的な異常個所と原因、対処方法の提供までがサービス範囲

機械学習での優先度付けを行った後に振動解析等の知見を持つ分析技術の専門家がデータを分析し、予兆の原因と対処提案を判断してお客様に通知します。単なる異常検知だけではなく、解決に至るまで専門家が継続してサポートするのが大きな特長です。

 

03 様々な回転機器に低コストで取付け可能

IoTセンサーはマグネット取付けで通信は全て無線のため、回転機器の種類を選ばず安価でお手軽に設置が可能です。また設備変更やWi-Fi等のIT環境の整備も不要です。
各種製造業、上下水道処理施設やオフィスビル、商業施設等幅広い業種に適用が可能です。
 

AssetWatch プラットフォーム

 

お問い合わせ

資料請求・製品に関するご相談等は、下記お問い合わせフォームからご連絡下さい。
担当部門:DX営業本部DX第一営業部第一営業室

ページTOP

当ウェブサイトでは、サイトの利便性やサービスを改善するため、Cookieを使用しております。このまま当ウェブサイトをご利用になる場合、Cookieを使用することにご同意いただいたものとさせていただきます。Cookieに関する情報や設定については「個人情報保護方針」をご覧ください。

同意して閉じる