SAP S/4HANA簡易アセスメントサービス

2025年のSAP ERP6.0の保守サポート終了に伴い、最終的にSAP S/4HANAへの移行が必要になります。

しかしながら、お客様のSAPのシステム環境や課題によって、SAP S/4HANA移行の方法やタイミングも異なります。お客様におかれましては、先ずは『いまの姿を可視化するとともに、システム再構築に必要なリソース(時間やコスト)を定量的に把握することが重要』となります。

三井情報は、今後のロードマップ策定のために、有益な情報を提供し、お客様のS/4HANA移行実施の意思決定を支援します。

 

 

 

 

サービス内容と特徴

独自の影響分析調査で、対応オブジェクト数、必要工数を試算

このサービスでは、三井情報のノウハウとツールを駆使し、SAP S/4HANAへマイグレーションをした場合の影響分析を実施します。

Unicode、Suite On HANA、S/4HANAの3つのステップにて対応オブジェクト数(アドオン改修/パラメータ設定変更等)と、必要工数の算出を行います。

 

 

SAP ERPの導入、SAP S/4HANA等の最新技術への取り組み実績

三井情報は、グローバルにビジネスを展開している企業向けに、システム企画から運用保守までの業務、SAP ERP新規導入、バージョンアップ、HANA化およびグローバルロールアウトなど、長年にわたるSAPプロジェクトの実績があります。これらのプロジェクトは内外で評価され、いくつものSAP AWARDを受賞しています。

また、SAP ERP6.0からHANAへのマイグレーション、SAP S/4HANA検証など最先端の技術にも積極的に取り組んでいます。これらの経験で培ったノウハウがこのサービスには活かされており、SAPユーザー企業の課題解決を支援しています。

簡易アセスメントサービスの概要

サービス内容

3つの基本サービスに加え、オプションサービスも展開しております。

※SAP S/4HANAの影響分析にはPanaya CloudQuality Suite™ を活用します。
2008年から集約された情報とビッグデータアナリティクスを活用したPanaya CloudQuality Suite™は、SAP®の全ての変更時に必要とされるリスク、時間、コストを大幅に削減します。
フォーチュン500の3分の1の企業を含む、世界62カ国2,200社以上が利用しています。

 

 

アウトプットイメージ

 

 

 

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

ページTOP

当ウェブサイトでは、サイトの利便性やサービスを改善するため、Cookieを使用しております。このまま当ウェブサイトをご利用になる場合、Cookieを使用することにご同意いただいたものとさせていただきます。Cookieに関する情報や設定については「個人情報保護方針」をご覧ください。

同意して閉じる