MKIマネージドサービス for SAP S/4HANA®

MKIマネージドサービス SAP S/4HANA®は、Microsoft Azure(以下Azure)上でSAP ERPの開発環境、検証環境、本番環境のOS/DB/SAP Basis運用を行うサービスです。三井情報のクラウドからSAP basisの保守・運用までのノウハウを活用し、貴社をSAP ERPシステムのBasis運用作業から解放します。また、Azure上での最新の運用管理サービスを使用し提供しております。

提供サービス

Azureの管理からSAP ERPが稼働する仮想インスタンス、OS、DB、Basisレイヤーのマネージドサービスをご提供致します。

 

 

※PaaSサービスを提供。ただしERPと連携する周辺システムについてはIaaSで提供
※DBMS(SAP HANA等),SAP Netweaver(SAP Basis)までの領域を管理

特徴

  • SAP Basis運用作業からの解放
    SAP Basis、DB、OS、クラウドをMKIがトータルで管理することで、お客様をSAP Basis運用作業から解放します。
  • 幅広いサービススコープ
    SAPレイヤー含めた監視やバックアップ、移送管理、クライアント管理やNote適用などSAP ERPを安定稼働させるために必要なタスクを標準サービスとして提供します。
  • サブスクリプション形式、共通管理基盤によるコストの削減
    AzureのCSPサブスクリプションを利用することにより、自社で機器導入又は、入れ替え等のコストが不要になり、機器管理や機器購入のコストを抑えることが可能です。SAP ERPシステムの運用に必要なSolutionManager、SAPRouter、監視、バックアップの仕組みを共通で提供するため、お客様で個別に用意いただく必要がなく、コスト削減につながります。
  • AzureのSLAに基づいた稼働保証
    本番環境についてAzureのSLAに基づき、稼働が保証されます。

サービスメニュー

構成概要

お問い合わせ

ページTOP

当ウェブサイトでは、サイトの利便性やサービスを改善するため、Cookieを使用しております。このまま当ウェブサイトをご利用になる場合、Cookieを使用することにご同意いただいたものとさせていただきます。Cookieに関する情報や設定については「個人情報保護方針」をご覧ください。

同意して閉じる