×

Versa Networks

Versa Networksとは?

近年、クラウドサービスを利用する企業が増え、高速アクセスや大量データの処理が求められています。特に回線を含めたWANのネットワーク構成の見直しが急務となっています。
Versa NetworksのSD-WANソリューションはWANにおける回線の高速化やユーザが利用するアプリケーションによって利用する回線を振り分けたりするだけでなくセキュリティ機能を持ち合わせているため、企業がVersa Networksを活用することでWAN利用の効率化と高度なセキュリティ機能を併せ持つSD-WAN+SD-Securityを活用した安全で快適なウェブサービスを実現することができます。

Versa Networks製品概要

Versa FlexVNF

キャリアグレードの仮想ネットワークやセキュリティ、マルチテナント機能を提供するプラットフォームで、ネットワークとセキュリティの機能を提供し、サードパーティ製品と連携するサービスチェイニング機能も提供します。また、容量やパフォーマンスに応じて自動的にスケールを変更できるスケーラビリティ、エラスティックさを兼ね備えています。

Versa Director

Versa FlexVNFで構成されたネットワークおよびセキュリティ機能のサービスの作成、配信、管理および運用の簡素化と自動化をし、単一のアプリケーションでオーケストレーション、監視を提供します。

Versa Analytics

ネットワーク、アプリケーションの使用状況およびセキュリティイベントなど全体的な可視化、相関関係、予測分析を提供し、サードパーティのシステムと連携し、既存環境にも容易に導入できます。

サービス導入メリット

セキュリティ &アプリケーション

  • 様々なセキュリティ機能。次世代ファイアウォール、アンチウィルス、URLフィルタリング等をサービスチェイニング可能。
  • アプリケーションの可視化と制御。
  • サードパーティアプリケーションとの連携。

設備投資削減

  •  ホワイトボックス、ベアメタルサーバ、プライベート及びパブリッククラウドでの展開。
  • コントローラーをマルチテナントで提供可能。
  • 設備投資を削減。

低運用コスト

  • 拠点展開のために専任エンジニアの地方派遣が不要。
  • Webベースの集中管理により運用コストを削減。
  • 迅速な導入。

ハイブリッド&SD-WAN

  • 目的に応じた回線を利用し、通信コストを削減。
  • アプリケーションを判断し、接続先を判断。

サービス導入イメージ

Before:全ての通信を本社(DC)経由でのインターネット

 

 企業が持つ課題

  • 拠点管理の複雑さ。拠点ごとに異なる機器、セキュリティポリシー、運用ルールにより高い投資コストと運用コスト、俊敏性の欠如。
  • セッション数増加によるWAN帯域コストの増加。複数拠点からの通信を本社集約することでWAN帯域が増大。
  • ダイナミックなポリシーベースのアプリケーション制御とSLA対応のトラフィックステアリングによりユーザー利便性の向上。

After:ハイブリッド化

 Versa Networks SD-WANの利点

  • 拠点のアプライアンスを簡素化し、設備投資と運用コストを削減。
  • パブリッククラウドおよび業務システムで利用する回線を使い分け、パブリッククラウドを利用する場合は拠点からダイレクトにブレイクアウトし回線コストを削減。
  • ダイナミックなポリシーベースのアプリケーション制御とSLA対応のトラフィックステアリングによりユーザー利便性の向上。

特長1:SD-Security機能を提供

  • DoS、FW、IPSec、Anti virus、IDS/IPS、URLフィルタリング、アプリケーションコントロールなどUTMやNGFW製品と同等な機能を提供
  • SD-WANと組み合わせて利用可能

特長2:マルチテナント機能などキャリアグレードのサービスを提供

  • キャリアグレードをベースとした高品質な各種機能を提供
  • マルチテナント:通信事業者やISPなどサービス提供者側が1つのシステムで複数ユーザを収容することが可能となり、設備投資コストを削減し、早期サービス提供が可能になります。
  • 統合セキュリティ機能:
  • 提供品の選択:アプライアンス(ホワイトボックス、ベアメタル)、仮想基盤(VMware、KVM)、コンテナ、クラウド(AWS、MS Azure)などお客様の利用環境に応じた形で導入が可能になります。
  • Zero-Touch Provisioning:事前に設定することなく、設置場所で電源投入、インターネットに接続するだけで自動的に機器が利用可能な状態にし、設置、管理・運用の手間を軽減することが可能になります。
  • アプリベーストラフィック制御:利用アプリケーションに応じて、利用する回線や帯域を制御することが可能になります。
  • マルチサービスサポート:L3からL7までの複数レイヤーのセキュリティを備えたマルチサービスを提供することが可能になります。
  • サービスチェイニング:Versa FlexVNFだけでなく、サードパーティ製品やサービスなどお客様が必要とする機能が利用できるよう連携することが可能になります。
  • スケーラビリティと柔軟性:お客様の利用している容量やパフォーマンスの状況に応じて、動的にスケールアップもしくはダウンを可能にします。
  • DepOps Ready:APIを利用し、ソフトウェアベースでの設定変更、集中管理またはアプリケーションなどを容易に

特長3:コンポーネントを様々なプラットフォームで提供

  • お客様のご利用形態にあわせてアプライアンス(ホワイトボックス)、ベアメタル、ハイパーバイザ、コンテナ、パブリッククラウドのプラットフォームで提供

お問い合わせ