ローカル5G/5G

ローカル5Gとは?

 

 

ローカル5Gとは、携帯キャリアではない一般企業や自治体などが主体となり、個別のニーズに合わせて構築することが可能な自営用5Gネットワークです。

一般企業や自治体が限られたエリアで専用の周波数を割り当てられることで、高速大容量・超低遅延・多数同時接続の3つの特長をもつ5G(第5世代移動通信システム)を自社の業務に活用することができます。

携帯キャリアが提供するキャリア5Gと比較して、通信障害やネットワーク輻輳の影響を受けにくく、また自社の通信要件を満たせるようカスタマイズして5Gを構築できるといった特長があります。

ローカル5Gのメリット

 

メリット1 専有帯域による安定的で高品質な通信 免許により周波数を専有できるため、Wi-Fiの場合に生じる干渉の懸念がなく、キャリア5Gのように他の利用者の状況によって影響を受けることがありません。高速で低遅延な通信を安定的に利用することが可能です。
     
メリット2 ニーズに合わせた柔軟なネットワーク設計 キャリア5Gやプライベート5Gよりも柔軟な設計が可能なため、ニーズに合わせて最適な無線ネットワークの構築が可能です。
     
メリット3 高出力の無線機による広域エリアカバー 免許不要で使えるWi-Fiは低出力なため、カバーエリアが小さいという課題があります。ローカル5Gは高出力な電波発射が可能なため、大規模な施設や屋外の広域なエリアカバーに適しています。

ローカル5Gのユースケース

 

ローカル5Gは、あらゆる産業における新たな無線通信の活用手段として期待されています。

 

■製造(工場)
設備の遠隔制御やセンサーデータ収集で
設備管理や生産ライン業務を効率化・省人化
ローカル5Gユースケース:製造(工場) ■物流(倉庫)
高速で安定した通信環境を整備し、業務プロセスを自動化・省人化
物流業界を取り巻く事業環境の変化にDXで対応
ローカル5Gユースケース:物流(倉庫)
■空港・湾港
業界の課題である人手不足に省人化で対応
安定した高速な通信環境をローカル5Gで構築
ローカル5Gユースケース:空港・湾港 ■プラント
危険な現場から離れた安全な遠隔地での作業を実現
無人化・省人化を実現するスマートプラントへ
ローカル5Gユースケース:プラント

  

ローカル5Gユースケース集ダウンロード

よくあるご質問

 

Q. ローカル5Gは誰でも利用できますか?
A. ローカル5Gの無線局免許を取得した上で、無線従事者免許をもつ担当者が操作する環境を用意すれば利用可能です。当社では、無線局免許の取得や無線従事者の設置についてサポートしています。

Q. ローカル5Gはどこでも利用できますか?
A. 土地を保有しているか、土地保有者から許可されている場合に、自己の土地に限定して免許を取得し、ローカル5Gを利用することが基本となります。自己の土地以外を含めてエリアカバーすることも可能ですが、免許取得時や利用時にいくつかの制約事項があります。

Q. ローカル5Gを利用するためにはどのような機器が必要ですか?
A. 主な機器としては、ローカル5G端末・ローカル5G基地局・5Gコアネットワークが必要です。

Q.市販の5G端末をローカル5Gで利用することは可能ですか?
A. キャリア5Gとは異なる周波数を利用するため、ローカル5Gの周波数に対応しており、技適を取得しているかを確認する必要があります。ローカル5G端末に関して情報提供しておりますので、当社までご相談ください。

Q. ローカル5Gの利用にSIMカードは必要ですか?
A. キャリア5Gと同様に認証を行うためのSIMカードが必要になります。ローカル5Gベンダーから提供されることになるケースが大半で、当社の場合も提供内容に含まれています。

Q. ローカル5Gで利用される周波数は何ですか?
A. サブ6帯と呼ばれる周波数帯域のうち4.6~4.9GHz、ミリ波帯と呼ばれる周波数帯域のうち28.2~29.1GHzが割り当てられており、それぞれローカル5Gで利用可能です。

Q. キャリア5Gとの違いは何ですか?
A. 基本的にキャリア5Gは多くのユーザーに対して広域で画一的にサービスを提供するため、混雑時のサービス品質低下が起こり得るデメリットがあります。一方、ローカル5Gは特定のエリアで周波数帯域を専有できるため品質を維持しやすく、自社の要件を満たせるように独自の無線ネットワーク設計が可能なメリットがあります。

Q. プライベート5Gとの違いは何ですか?
A. プライベート5Gはキャリア5Gのリソースを一部切り出す形で提供されるため、キャリア設備の通信障害の影響を受ける可能性がある一方で、ローカル5Gは専用設備であるためBCP対策としても有効であり、また無線ネットワーク設計の柔軟性が高いので、プライベート網のメリットを最大限生かすことが可能です。

Q. Wi-Fiとの違いは何ですか?
A. Wi-Fiは免許不要で手軽に利用できる反面、誰でも利用できてしまうため干渉の懸念が大きく、一定の品質で継続して業務に利用したい場合に適さないケースがあります。一方、ローカル5Gは安定的に高品質な通信を利用することが可能であり、また免許を取得することで高出力の電波発射が可能なため、少ない台数で広域をカバーできるというメリットもあります。

ローカル5Gソリューション

 

三井情報はシステムインテグレーターとしての強みを活かして、複数のローカル5G商材を最適に組み合わせ、設計・構築から導入後の保守サポートまでを含めたトータルでのローカル5Gソリューションを提供しています。

 

ポイント① マルチベンダーでローカル5Gに最適な製品をご提供
大手メーカーで見られるようなベンダーロックイン型ではなく、マルチベンダーでのローカル5Gシステムを提供するため、システムのスケールや要件に合わせた最適なご提案が可能です。
ポイント② 既存インフラへの統合を含めたローカル5G導入・運用支援
ローカル5Gを独立したネットワークとして考えるのではなく、既存インフラとの統合を目指しているシスコシステムズ社のCisco Private 5Gを中心として、導入・運用の負荷をかけずにローカル5Gを利活用いただけるよう支援します。
ポイント③ 柔軟な設計・最適化によるローカル5G導入効果の最大化
ローカル5Gならではの要件を満たせるような設計・最適化を行うことで、自営無線ネットワークとしてのメリットを活かし、導入効果の最大化に貢献します。

よくあるご質問

 

Q. ローカル5Gの免許申請を支援してもらうことはできますか?また、ローカル5Gの免許制度とはどのような制度ですか?
A. はい、免許申請に関わるサポートもご提供することが可能です。ローカル5G免許制度については解説コラムをご用意していますので、是非ご覧ください。

Q. ローカル5Gの免許申請にはどのくらい期間がかかりますか?
A. 約1か月半の期間がかかります。

Q. 基地局はどのような製品ですか?
A. Airspan Networks社製の一体型基地局をご提供します。屋内用・屋外用共にラインナップしているため、ユースケースに合わせてご選択頂くことが可能です。また屋外機の場合は、設置要件や必要なカバーエリアに応じて、指向性の異なる外部アンテナを別途ご提案することができます。

Q. 基地局のスペックが知りたいです。
A. 取り扱い製品ページからスペック情報を含む製品紹介資料をダウンロード頂くことが可能です。

Q. 5Gコアネットワークはどのような製品ですか?
A. 要件に応じてシスコシステムズ社製、あるいはDruid Software社製の5Gコアネットワークをご提供します。シスコシステムズ社のCisco Private 5Gは導入・運用に手間がかからず、また既存インフラとの統合といった付加価値の高い製品です。一方、Druid Software社のRaemisPrivate Core Networkはグローバルのプライベートネットワーク市場での実績が豊富で、ローカル5Gにフィットする柔軟な製品です。

Q. 費用を知りたいです。
A. 要件をヒアリングさせて頂いた上でお見積りいたします。まずはお問合せください。

MKI ローカル5G Starter Kit

 

まずは試験的にローカル5Gを導入・評価したいお客様に向けて、ローカル5Gネットワークを短期間で導入できるパッケージを用意しています。最小構成での提供となるため手軽に始めやすく、導入効果の評価に注力頂けるようになっています。

 

 

<MKI ローカル5G Starter Kitの特長>

 

local5g スターターキット特長
 
 
 

<MKI ローカル5G Starter Kit 構成図>

 

local5gスターターキット構成図

よくあるご質問

 

Q. 基地局はどのような製品ですか?
A. Airspan Networks社製の一体型基地局をご提供します。屋内用・屋外用共にラインナップしているため、ユースケースに合わせてご選択頂くことが可能です。

Q. 基地局のスペックが知りたいです。
A. 取り扱い製品ページからスペック情報を含む製品紹介資料をダウンロード頂くことが可能です。

Q. 5Gコアネットワークはどのような製品ですか?
A. Druid Software社製の5Gコアネットワークをご提供します。プライベートネットワーク専業のメーカー製品のため取り扱いやすく、小規模導入の場合でも適しています。

Q. SIMカードは含まれますか?
A. はい、SIMカード5枚が含まれています。

Q. ローカル5G端末は含まれますか?
A. いいえ、端末は含まれません。ただし、ご要望をヒアリングした上で、ローカル5G対応端末を推奨およびお見積りさせて頂くことは可能です。

Q. 費用を知りたいです。
A. 初期費用400万円台~でご提供可能です。まずはお問合せください。

ローカル5Gスタータキット資料ダウンロード

シスコシステムズ – Cisco Private 5G

 

エンタープライズネットワークと通信事業者向けインフラの双方で高いシェアを誇るシスコシステムズ社より、マネージドサービス型のローカル5GソリューションとしてCisco Private 5Gが提供されています。有線LANとWi-Fiで運用される既存エンタープライズネットワークへの統合が可能であり、ダッシュボード上で統合的なインフラ管理を行える上、さらにRANのステータス監視も追加することが可能です。

 

 
 

Airspan Networks – AirSpeed1900, AirVelocity1901

 

Airspan Networks社は、米国を拠点とするオープンRANソリューションのプロバイダーです。100か国以上で約1,000の顧客に100万以上の基地局を提供してきた実績をもち、他のベンダーとの相互接続も豊富に行っています。

 

Airspan Networks社が提供するローカル5G基地局は、シンプルな構成で展開することができる一体型基地局となっており、ローカル5Gの導入において課題となる複雑性を排除することが可能な製品です。

 

Airspan Networks – AirSpeed1900, AirVelocity1901

 

 
 

Druid Software – Raemis Private Core Network

 

Druid Software社は、アイルランドに本拠点を置くプライベートセルラーネットワークに特化したコアネットワークベンダーです。2021年にJuniper Researchにより公開された調査報告書にて、グローバルにおけるプライベートネットワーク市場のリーダー5社のうちの1社に位置づけられるなど、世界的に実績が認められています。

 

Druid Software社が提供するコアネットワーク製品のRaemis Private Core Networkは、シンプルなGUIダッシュボードによるオペレーションを可能にし、また柔軟性が求められるプライベートネットワークに適したカスタマイズ性を持ち合わせています。

 

Druid Software – Raemis Private Core Network

 
 
 
Druid Software – Raemis Private Core Network カタログダウンロード

MKI 5G IDEA LAB.のご紹介

 

東中野オフィスにあるラボでは、業界有数の規模を誇るインフラ検証設備を保有しており、その中にローカル5G専用スペースを設けています。ローカル5Gの無線局免許を取得しているため、シールドボックスの外での検証やデモが可能です。

また比較のため、Wi-Fi6アクセスポイントやプライベートLTE基地局の設備を併設しており、想定するユースケースに対してローカル5Gが最適な無線アクセス手段となるのか、実際に検証した結果を踏まえてご検討頂くことが可能です。

 

三井情報のローカル5Gラボ環境

 

検証に関するご相談は、以下Webフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

 

ローカル5G体験デモ

 

ローカル5Gへの理解を深めた上で業務活用をご検討頂けるようにするため、MKI 5G IDEA LAB.の設備を用いたローカル5G体験デモをご用意しています。

 

 

5G体験デモをご希望の方は、以下Webフォームからお気軽にご連絡ください。

 

技術コラム

 

2022/10/5 2020/3/16 2020/1/22
ローカル5G免許制度 押さえておくべき5つのポイント 5Gという名の破壊的イノベーション 話題の5Gとは?

Coming Soon

お問い合わせ

お問い合わせ・デモ来社希望などお気軽にご連絡ください。

ページTOP

当ウェブサイトでは、サイトの利便性やサービスを改善するため、Cookieを使用しております。このまま当ウェブサイトをご利用になる場合、Cookieを使用することにご同意いただいたものとさせていただきます。Cookieに関する情報や設定については「個人情報保護方針」をご覧ください。

同意して閉じる