×

2015/08/27
三井情報株式会社
PDF(224.3KB)

MKI、金融機関向けに企業の倒産危険度を分析し予兆管理・企業育成を支援する「CASTER-CDR」を提供開始

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、独自開発の金融機関向け企業財務分析システム「CASTER」と連携し、対象企業の倒産危険度を独自指標に基づき分析することによって予兆管理・企業育成を支援する、「CASTER-CDR」を2015年9月より提供開始します。

 株式会社日比谷コンピュータシステムと共同開発した「CASTER-CDR」は、独自の指標に基づき行う倒産の予兆検知や、2期分の決算書だけでも分析できるなど分析機能が充実しています。また、中小零細企業でも大企業と同等の分析ができるほか、独自のロジックによりどの業種でも分析が可能となっており、分析対象が企業規模・業種共に広いことも特徴です。金融機関は本製品で対象企業の倒産予兆管理を行うことで、企業に対しタイムリーに改善支援を行うことが可能となります。

 本ラインアップの拡充により、MKIは、資金フローの観点から企業の安全分析を行う「CASTER」、資金ストックの観点から企業の成長性・ライフステージ可視化分析を行う「CASTER-CBA」に加え、予兆管理・企業育成支援に向けたリスク評価分析を行う「CASTER-CDR」と、様々な目線からトータルで金融機関の与信業務、営業推進業務のサポートを行っていきます。

<MKIの与信業務向け3つの財務分析エンジン>

 


【製品ページ】
財務分析システム「CASTER」/「CASTER-CBA」/「CASTER-CDR」
http://www.mki.co.jp/solution/credit_business.html

以上


<ご案内>
① 9月11日(金)に、MKI金融ソリューションセミナーを開催いたします。詳細は以下ご確認ください。
https://mki.co.jp/news/event/20150813.html

② MKIは、10月15日(木)~16日(金)に東京国際フォーラムで開催される『FIT2015 金融国際情報技術展』に出展いたします。詳細は以下ご確認ください。
金融国際情報技術展 公式サイト:http://www.nikkin.co.jp/fit2015/

 

【報道関係者からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 戦略企画室 広報グループ
TEL:03-6376-1008、FAX:03-3435-0520、e-mail:[email protected]

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 金融営業本部 金融営業部
TEL:03-6376-1114、FAX:03-3435-0524、e-mail:[email protected]

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。 
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。