Genesys Cloud CXで
コンタクトセンター業務効率化と顧客接点の強化を実現!



Genesys Cloud CXは、マルチチャネルを一元管理・活用できるオールインワンのコンタクトセンターソリューションです。直感的で操作性の高いUIやリアルタイムデータの可視化もできる豊富なレポート機能で、コンタクトセンター業務の効率化をサポートします。

35年以上にわたり、700サイト以上の大規模コンタクトセンター構築を支援してきたMKIの豊富な構築経験とナレッジで、お客様のご要件に合わせたスムーズな導入をご支援します。

お知らせ

2024/6/6
7/17(水)開催の『Xperience Japan 2024』にスポンサーブース出展いたします。詳細・お申込方法はこちらNEW
2024/3/25
ブログ記事『コンタクトセンター業務に生成AIは使える?オペレーターの応対負担を軽減する「エージェントアシスト機能」を検証』を公開しましたNEW
2024/3/14
調査レポート『お客様窓口問い合わせ時のコンタクトチャネル利用状況』を公開しました。資料ダウンロードはこちらからNEW
2024/2/21
ブログ記事『コンタクトセンター業務に生成AIは使える?後処理業務の効率化について検証してみた』を公開しました
2023/12/22
1/18(木)開催『経営と現場を結ぶ CXフォーラム2024』のパネルディスカッション「最新テクノロジー活用の現実解」に登壇致します。詳細はこちら(申込受付終了)
2023/12/11
ブログ記事『コンタクトセンター業務における生成AI活用アイディア6選』を公開しました
2023/11/14
『コールセンター/デモ&コンファレンス2023 in 東京』に出展しました。当日のビジュアルIVR紹介セッションの様子はこちら
2023/9/29
『G-Summit Japan 2023』に出展しました。当日の様子のご紹介はこちら
2023/9/11
Genesys Cloud CX連携ソリューションにビジュアルIVR『MKI Channel Guide Concierge』、クラウド電話回線『Cloud Calling for Genesys Cloud CX』が追加されました
2023/8/9
9/12(火)開催の『G-Summit Japan 2023』にスポンサーブース出展いたします。詳細はこちら(申込受付終了)
2023/3/20
ジェネシスクラウドサービス株式会社 代表取締役社長 ポール・伊藤・リッチー氏と弊社大谷執行役員の対談動画を公開しました。こちらから視聴頂けます(YouTube)。
2023/3/15
MKIテクノロジーズ株式会社様のGenesys Cloud CX導入事例を公開しました。ダウンロードはこちら
2022/11/15
「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス 2022 in 東京」講演レポートを公開しました。詳細はこちら
2022/10/3
<終了しました>2022年11月10日(木)・11日(金)に行われる株式会社リックテレコム主催「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス 2022 in 東京」で講演いたします。詳細はこちら
2021/5/14
4月20日に開催された「ジェネシス パートナー・エグゼクティブ・サミット 2021」で「Cloud Partner of the Year 2020」を受賞しました。詳細はこちら
2021/3/22
<終了しました>Genesys Cloud Go-Goキャンペーン - 好評につき延長決定!8月31日まで -
2020/12/23
<終了しました>Genesys Cloud Go-Goキャンペーン実施中!
2020/11/30
11月12日に行われました「Genesys Exprience Day 2020」でのMKI講演資料を公開いたしました。資料ダウンロードはこちらより。
2020/10/30
10月20日~23日に行われました「ファーマIT&デジタルヘルス」でのMKI講演資料を公開いたしました。資料ダウンロードはこちらより。
2020/7/27
<終了しました>三井情報は「Virtual G-Summit Japan 2020」に出展いたします。Live配信7月29日(水)、バーチャルイベント9月30日(水)まで。
2020/4/2
三井情報コーポレートサイトにコラムをアップいたしました。『コンタクトセンターソリューションにおける「拡げる」「繋ぐ」システム開発
2020/3/10
<終了しました>Genesys Cloudを、お得に導入できる「Genesys Cloud スタートアップキャンペーン」実施中。
2020/2/7
チャット・マネジメント研究会好評開催中!詳細はこちら
2019/11/11
2019年11月13日~14日、コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2019in東京が開催されます。詳細はこちら

Genesys Cloud CXは、顧客エンゲージメント向けのみならず、コミュニケーション、コラボレーションサービスを提供します。高い拡張性、信頼性/セキュリティで組織間の連携を円滑にし、生産性を向上します。
世界中のお客様から集まる機能改善要求を、素早くサービス(開発)にフィードバックし、お客様と常に成長するサービスの提供を行っています。

Genesys Cloud CXの導入メリット

オペレーター

学習コストが低い

UIが直感的で分かりやすく、少ない時間で操作に慣れることができます。

お客様との円滑なコミュニケーション

お客様対応に必要な情報が全てGenesys Cloud CX上で入手でき、電話、メール、チャットといった様々なチャネルでのお客様とのコミュニケーションがスムーズになります。

スーパーバイザー

集計作業の手間を削減

充実したリアルタイム分析レポートで、オペレーターごとの業務生産性の把握、管理が楽に。日々の架電回数等、管理者の集計業務を削減することができます。

業務の可視化で課題を把握

豊富なレポート機能で業務状況を見える化することで、ボトルネックを発見し、チームのパフォーマンスや業務の改善に役立てることができます。

システム管理者

管理工数削減

システムアップデートやサーバ管理が不要なため、管理工数を削減することができます。Genesys Cloud CXはほぼ週次でシステムアップデートされ、不具合改善が早く、また、新機能リリースや大型アップデートだけでなく細やかな便利機能もどんどん追加されるのが特長です。

拠点追加、ブース拡張に柔軟に対応可能

クラウド型なのでサーバやPBX等の機器を設置することなく、オンプレと比較して安価に素早く拡張することができます。

BCP対応、リモートワーク対応の実現

大きな追加コストなしで拠点分散や在宅コールセンターを実現することができます。

周辺システムとの連携のしやすさ

LINEやSalesforceをはじめとしたCRM等、スクラッチ開発を行うことなくシステム連携が可能です。

コールフローやガイダンス設定作業の内製化

社内担当者で変更作業を行えるので、システムベンダーへの発注コストを削減しつつ、ビジネスの変化に柔軟に対応することができます。

柔軟な課金体系

席数単位での月額ライセンス課金なので、無駄なコストを発生させることなく席数の増減にすぐに対応できます。

豊富なレポート機能

Genesys Cloud CXは標準機能でコールセンターで利用されている一般的なヒストリカルレポートの出力が可能です(Excel/PDF)。

オペレーターごとの架電回数、平均処理時間等のコール実績がリアルタイムで把握できるので、集計レポート作成や業務課題の特定を迅速に行うことができます。

強固なセキュリティ

Genesys Cloud CXは強固なセキュリティを確保したAmazon Web Services(AWS)上で稼働しています。

企業としてのプライバシーマークやISO27001、SSAE-16などの世界基準の企画認証を取得済。99.99%のサービスレベル(SLA)を保証、安心してサービスをご利用頂けます。

周辺システム連携の容易さ

スクラッチ開発不要でLINEやSalesforceをはじめとしたCRMと連携ができ、マルチチャネル化や顧客データ一元化がスムーズに行えます。

Genesys Cloud CXなら、データを既存システムに保管したまま利用することも、同期ルールで管理された新システムで利用することもできます。業務プロセスごとに異なるツールやシステムの独立性を保ちながら連携でき、それぞれの機能を最大限に活用できます。

ご利用用途に合わせて、3種類のプランをご用意しています。

Genesys Cloud CX 1 Genesys Cloud CX 2 Genesys Cloud CX 3
1ユーザあたりの月額料金
※年間契約(一括前払い)時の定価
¥9,000~ ¥13,200~ ¥18,000~
ライセンス選択のポイント 一般的なコールセンター機能

音声チャネル機能をフルパッケージ(スキルベースルーティング可能)
音声とデジタルのインタラクションの完全版
Genesys Cloud CX 1に加えて、以下を利用可能
  • ・様々なデジタルチャネルへのアクセス
  • ・AIを活用したカスタマーエンゲージメント
CXだけでなくEXの向上も実現

Genesys Cloud CX 2に加えて、以下を利用可能
  • ・ワークフォースエンゲージメント管理
  • ・音声書き起こし
通話録音データ保存容量

※単位は1ユーザーあたり
※ライセンス購入数の総計で格納可能

・17.5GB (Named User)
・22.75GB (Concurrent User)
・25GB (Named User)
・32.5GB (Concurrent User)
・32GB (Named User)
・42.25GB (Concurrent User)

※ビジネスに合わせた柔軟なカスタマイズが可能な「Genesys DX™」プランもございます。詳細についてはお問い合わせください。

Genesys Cloud CX操作説明動画

動画 : Genesys Cloud CX基本操作ビデオ(スーパーバイザー編)4:27

動画 : Genesys Cloud CX基本操作ビデオ(オペレーター編)4:27

※動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

MKIは、1985年から日本を代表する大規模コンタクトセンターの構築を支援してまいりました。これまでの構築実績は大規模コンタクトセンター700サイト以上、豊富な構築経験と知識でお客様に最適なご提案をさせて頂きます。日本を代表する大規模コンタクトセンターの構築実績も多数ございます。

1996年にジェネシス社のパートナーとなって以来、30年近くにわたりジェネシス社のコンタクトセンターソリューション導入を支援しています。Genesys Cloud CX導入においても多くの導入実績があり、他システムとの連携・統合を含めた導入経験も豊富です。ジェネシス社からは、優れた実績を残したパートナーに贈られる「Cloud Partner of the Year」を2年連続受賞しております。

コールセンターシステムの導入を初めて検討されている方も、システム見直しを検討されている方も、どうぞお気軽にご相談ください。

Genesys Cloud CXをより有効活用し、業務を効率化するための連携ソリューションをご紹介します。

最先端のAI音声認識と感情解析技術でコンタクトセンター業務を強力にサポート

『AmiVoice® Communication Suite』

AmiVoiceは、国内の多くのコンタクトセンターにおいて利用されている音声認識ソリューションです。お客様との会話を自動でテキスト化でき、顧客とオペレーターの対応履歴作成などを入力する負担を大幅に軽減します。リアルタイムでの音声テキスト化(OperatorAgent)やキーワードの抽出・通話品質評価(SpeechVisualizer)の機能を搭載しており、コンタクトセンターでの業務効率化、オペレータ支援、通話エビデンスの取得、品質管理・分析をスムーズに行えます。

ビジュアルIVRでお客様を最適なチャネルに誘導し、CXを向上

『MKI Channel Guide Concierge』

お客様の目的やコンタクトセンターの応対状況に応じて、お客様を最適な問合せチャネルに導く「チャネル総合案内」ソリューションです。自己解決を支援するFAQ、待ち時間の少ないチャットボット、オペレーターとのチャット/電話/ビデオ通話といった電話以外の複数チャネルから、お客様が最適な解決チャネルを選べるよう分かりやすくご案内。問題解決にかかる時間と手間を最小化、解決率を最大化することで、お客様満足度の向上だけでなく、オペレーターの業務効率化・負担軽減を実現し、従業員満足度の向上にも貢献します。

電話回線もまとめてクラウド化!面倒な回線計算や固定資産管理が不要に

『Cloud Calling for Genesys Cloud CX』

コンタクトセンター拠点に固定電話回線や音声ゲートウェイ、Genesys Cloud Edge等の機器を設置する必要がないので、オペレーターの在宅勤務対応や、コンタクトセンター拠点の増設や移転、席数の増減といった柔軟な対応を迅速に行うことができます。

AIでコンタクトセンターを自動化

『Google CCAI』

Google CCAI(Contact Center AI)は、Google Cloud Platformで提供されている各種AI・分析機能をコンタクトセンター向けにまとめた拡張機能サービスです。Google CCAIでは、各種AIと分析機能を組み合わせることで「Virtual Agent」「Agent Assist」「Insight」の3種類のコンタクトセンター向け機能を提供します。

Genesys Cloud CXとSalesforceの統合によりサポートを強化

『Salesforce』

Genesys Cloud CXは標準でSalesforceとの統合機能を提供、より良い顧客体験(CX)の提供を支援します。複雑な統合作業は不要で、オペレーターはあらゆる顧客情報や問い合わせ履歴を1つのプラットフォームで参照できるようになります。

お問合せ・見積依頼はこちら

お問合せ